スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サロゲート


全人類ひきこもり生活が破綻するまで



正直、サロゲート欲しいと思ってしまいました。
自分は自宅で寝たまま、外でバリバリ働ける健康な体が欲しいよ…


サロゲート [DVD]サロゲート [DVD]
(2010/05/21)
ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル 他

商品詳細を見る
[ 2011/03/09 03:08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

シェルター


ミステリーとかサスペンスかと思ったら…オカルトだったよ………

シェルター [DVD]シェルター [DVD]
(2010/11/03)
ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リス・マイヤーズ 他

商品詳細を見る


多重人格者を科学的に解明しようとする話かと思ったら!
意味不明で、オカルトらしくわけのわからないまま、やたら人が死んでいく話。
[ 2011/02/06 04:04 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

プレシャス


…マライヤ・キャリー、地味だなぁ。
※主演ではない

ハーレムで生まれ育ったプレシャス
極度の肥満で、16歳でまだ読み書きもできない学力で、二人目の子供を妊娠中。

お腹の子の父親は、実の父。

実父による性的虐待、実母による肉体的・精神的な虐待と長年の蔑みに耐えながら学校に通っていたが、二人目の子供を妊娠したことで退学処分。代わりにフリースクールを紹介される…

プレシャス [DVD]プレシャス [DVD]
(2010/11/05)
ガボレイ・シディベ、モニーク 他

商品詳細を見る


ハーレムで生きる少女の話。

虐待シーンになると、本人が妄想に逃げこむので、突然きらびやかな世界になる。
生きていくために、現実逃避をする。繰り返し虐待され、何度も妄想に逃げこむ。
そうやって生きてきた少女が、フリースクールでの出会いで少しずつ強く前向きになる話。


[ 2011/02/06 03:50 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

スクラップ・ヘブン


ガラクタみたいな世の中に、想像力を働かせろ。

いいコンビだなぁ。
オダギリジョーと加瀬亮。

スクラップ・ヘブン [DVD]

新品価格
¥2,299から
(2011/1/22 07:24時点)


[ 2011/01/22 07:26 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

9~9番目の奇妙な人形~

すごい技術なんだろうとは思うのだけど、ストーリーは好きになれない感じの残念さ

9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [DVD]

中古価格
¥2,280から
(2011/1/22 07:24時点)


[ 2011/01/22 07:18 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

Disney's クリスマス・キャロル

クリスマスにぼっち(独りきり)の話。

今でも、今だからこそ、いまだに、万人受けする物語。



映像はスゴイ。
メイキングも面白い。

すでに知っている物語だったせいか、目新しい感動はないのだけど。
この物語が創られた頃の時代背景そのままに、現代にも通じる普遍の物語。

一人の男の、人生。
忘れられない過去と、行動する今と、変えられる未来。

(…そういえば、子供の頃に本を読んで、学校に提出するための読書感想文で「人は生きながら生まれ変わる事ができる」とか書いた事をふと思い出しました。)


Disney's クリスマス・キャロル [DVD]

中古価格
¥1,780から
(2011/1/22 07:23時点)



時代の変化を思えば、映像技術の進歩は素晴らしいものがあるなぁ。

ジム・キャリー主演の実写映画でもかなり良い出来だったんじゃないかな?とも思います。
顔の表情、動き、まだまだ役者の演技に依るところは多い。
[ 2011/01/22 07:16 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

シャッター アイランド

"ここに眠る我々も愛し笑いそして人生を生きた"


精神障害の犯罪者だけを収容する島。
忽然と姿を消した女性、捜査のために島を訪れた連邦捜査官。

捜査をすればするほど、深まる謎。
この島に巣食うのは陰謀なのか?妄想なのか?

シャッター アイランド [DVD]

中古価格
¥2,000から
(2011/1/22 07:21時点)



久々に「やられた!」(いい意味で騙された!)という感じの映画でした。

途中から何かがおかしいと気付くのだけど。


誰が真実を話しているのか?誰が嘘を吐いているのか?
どこまでが現実で、どこからが幻覚なのか?


この島に巣食うのは、陰謀なのか?妄想なのか?



いい映画でした。
そして切ない話でもありました。
[ 2011/01/22 07:15 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ダーリンは外国人


「抜かれるなら度肝がいいよね」(引用)


だいぶ前に友人から借りて読んだことがあった『ダーリンは外国人』の映画化作品をTSUTAYA DISCASで借り
て観ました。

原作は、語学おたくの外国人トニーさんによる日本語についての疑問や着眼点が、日本語の面白さを再確認させる。とても面白いエッセイ漫画だったので、予告編を観て「トニーさん(役の人)カッコイイ!こんなカッコイイのに、あのボケをかましまくるのかぁ」と、コミカルほのぼのコメディっぽい映画を期待して観たのですが~~~~~~~~~~~

びっくりするくらいシリアスなラブストーリーになっていました。
いや、本当に。ビックリですよ。

ダーリンは外国人 [DVD]

中古価格
¥1,988から
(2010/12/27 10:56時点)




いつかは漫画家になるというイラストレーターさおりの夢、楽しいばかりではない外国人であるトニーとの付き合いの難しさ、言葉の壁、文化の違い…


…トニーさんの言動の面白さを単純に期待していたのになぁ…と、私には物足りなく感じてしまい、なんだか残念な気持ちでした。

むしろ原作を知らなければ、真面目に国際結婚の難しさを描いた物語としてすんなりと楽しめたのかもしれません。

あ、「すんなり」ってちょっと面白い日本語だなぁ(笑)

…最後に愛は勝つ、美男美女カップルの可愛いラブストーリーと思ってみれば、いいのかも。
恋人同士の気持ちが時にすれ違うのは、外国人とか日本人とかまるで関係ないのかもしれない。国籍はどこであろうと、人と人の物語。異性との恋や家族との愛、ただそれだけ。

しかし、個人的に挿入歌で和製ラップはちょっと………(もにょる)



まったくの余談ですが、私が以前務めていたアルバイト先の店長の奥様が中国人女性で、仕事の合間によく日本語の意味を聞かれたなぁと思い出しました。
「いつもと、つねにと、しょっちゅうって、どう違うの?」とか。普段何気なく使っている日本語の意味を改めて聞かれると「え~と…(どう説明しよう?)」ってなりますよね。

日本人でも日本語を正しく理解しているとは限らない。言葉は面白い。
[ 2010/12/27 11:47 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

鉄男 THE BULLET MAN

感想を一言で書くと…
不完全燃焼なファンタジー

重低音のカッコイイ音楽。
ホラーと見紛う迫力ある映像。

息子の死から始まる悲劇、謎の組織からの襲撃、父が関わっていた「鉄男プロジェクト」の真相、自分の生い立ちの秘密。

まるで悪い夢の中にいるような、古い映画のような、どこか現実感のない色褪せた映像で、重々しい雰囲気のままストーリーは進んでいくのだけど…。

「運命に自分を委ねろ」とか。「愛で世界を破壊しろ」とか。
所々、台詞もカッコイイです。

それなのに、盛り上がりに盛り上がって、でもオチてないという印象でした。
なんだろう?このもやっと感。不完全燃焼な気分。


公式サイト→http://www.tetsuo-project.jp/

鉄男 THE BULLET MAN 【2枚組 パーフェクト・エディション】 [DVD]

中古価格
¥3,150から
(2010/12/17 17:58時点)


以下、ネタバレ注意で。
(※ちなみに私は20年前という前作は観ていません)

眼鏡+スーツ姿のアンソニーさん素敵です。
怒りが引き金になってトランスフォーム、変わり果てた姿の夫アンソニーをそれでも抱き締める、愛することができる妻ゆり子はすごいと思いました。

家族をとても愛していたからこそ、奪われた時は怒り悲しみ、憎しみに狂う。
"愛で世界を壊しかけた男"と、"愛で世界を救った女"の物語と評すれば、ほら、まるでファンタジー。

[ 2010/12/17 19:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ドニー・ダーコ2

まるで一度は完成した綺麗なジグソーパズルをぐちゃぐちゃにされた気分です。

しかもピースがいくつか見当たらないからと別のパズルから別のピースを持ってきて、ぽっかり空いた穴のようなスペースが埋まらないまま、混ざったピースの山が残される。もう完成は不可能!そんな印象。

前作から7年後、ドニー・ダーコの妹サマンサの物語。
「あと4日と17時間 26分31秒…」世界の終わりを告げるのはサマンサでありサマンサではない少女。

ドニー・ダーコ2 [DVD]

中古価格
¥3,511から
(2010/12/13 12:46時点)



【ドニー・ダーコ】では、ドニーによって”世界は救われた”ように思えたのに。
2では、まるで”ドニーのせいで崩壊した家族”という現在の在り様が描かれ、まず絶望します。

トランポリンで無邪気に飛び跳ねる姿が懐かしい妹のサマンサ。
ダンス好きの活発な少女だったのに、すっかり根暗になってしまった。(影のある美少女とも言えるけれど…)死んでしまった兄の年齢を追い越して、家族と離れて、かつての兄のように夢遊病で、不安定。

旅の途中、車の故障でたまたま立ち寄った街。
旅の道連れで友人のコーリー。二人に親切にしてくれた男ランディ。行方不明の少年。終末の鍵を握る(と思われる)帰還兵イラク・ジャック(ジャスティン)。サマンサに執着するSFオタクっぽい青年ジェレミー。元囚人の神父。神父を崇拝する狂信的な女。

世界の終末を告げられるのではなく、告げる側のサマンサ。
(サマンサの知らないサマンサに)世界の終わりを告げられ『ドニー・ダーコに世界の終末を告げたウサギ』を模した鉄製の仮面を作るジャスティン。

【ドニー・ダーコ】は正しくドニー・ダーコが主人公の映画でしたが、【ドニー・ダーコ2】(原題は、S.DARKO)はサマンサが主人公ではない、メインで在り続けない。主要人物の一人という扱いで、この映画の中で視聴者の目で在り続けないため、ストーリーがぶれぶれな印象でした。
[ 2010/12/15 21:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

キック・アス

パッと見、なりきりヒーローの青春ムービー。しかしその実態は!?
…R-15作品である。

ブラット・ピットニコラス・ケイジの名前もあって、予告編で気になっていた映画【キック・アス】→公式サイト
近くの映画館では上映しないなぁと残念に思っていたら、GyaOでオンライン試写会をしていて、幸運な事に抽選に当たったので観ました。本当にラッキ~♪

※12月15日まで抽選中→オンライン試写会








以下、ネタバレ有りの感想なのでご注意ください。
[ 2010/12/13 11:01 ] 映画 | TB(9) | CM(0)

ロイヤル・セブンティーン

めでたしめでたしで終わる心がほっこりする物語。

主人公は、タイトルどおりに17歳の少女…なんだけど、むしろパパが可愛いです。

今まで母リビーから話を聞くだけで、一度も会ったことがない父親に会いたい一心でロンドンまで一人で行く事にしたダフネ。

イギリスの上流階級にいる父親のヘンリーは、今まで存在も知らなかった娘の出現に狼狽えるものの、徐々に親としての情がわいていく。

ロイヤル・セブンティーン [DVD]

中古価格
¥1,780から
(2010/12/13 11:11時点)




お祖母様も可愛い。
(たぶん昔は家柄重視で厳格で、庶民であるリビーを嫁と認めようともせずに嫌っただろうけれど、年老いて寛容になった故の可愛さ)
唐突に孫娘に抱きしめられて、「抱擁はやめて、イギリス人は犬と馬にしか感情を見せないの」と毅然と言いながらも少し嬉しそうな辺り、本当に可愛いです。

[ 2010/12/01 00:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ドニー・ダーコ

「お前は、なぜ人間の着ぐるみを着ている?」


だいぶ前に観たことがあって、よくわからないなりになんとなく好きだった【ドニー・ダーコ】の2がレンタル開始だという情報をTSUTAYAで知ったので、2を観る前に1を観直しました。

カウンセリングに通う情緒不安定な16歳の少年ドニー・ダーコ
ある夜、彼の元に不気味な銀色のウサギ(着ぐるみ)が現れ世界の終わりを告げる。
世界の終末まで、あと28日と6時間と42分と12秒。
その言葉は真実なのか?
銀色のウサギは妄想による幻覚に過ぎないのか?

ドニー・ダーコ [DVD]

中古価格
¥2,810から
(2010/11/28 01:52時点)



哲学的だったり、屁理屈だったり、科学だったり、幻想だったり、悲劇だったり、喜劇だったり、いろんな要素を持った映画だと思います。

見方を少し変えれば、世界を(と言えば大袈裟かもしれませんが、少なくとも周囲を)救った一人のヒーローの話であり。別の見方をすれば、とてつもなく切ない初恋の物語でもあります。実らない初恋よりも、悲しい…。

ストーリーの結末は、考えさせられるもの。
観直してみても、やっぱり「なんとなく好きな作品」だと思いました。

少し物悲しい、切ない、映画に合った音楽も好みです。

SF、タイムトラベル、タイムパラドックス、そういう言葉にそそられる人にはオススメ。
[ 2010/11/28 06:19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

これはよい娯楽映画!

主人公のダスタン王子、カッコイイ!
ストーリー面白い!映像も綺麗!ドキドキワクワク!

…一つだけケチをつけるなら、ヒロインの顔が好みじゃなかったってだけでした。

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 [DVD]

中古価格
¥1,834から
(2010/11/24 22:44時点)



主人公をベタ褒めしたくなる映画は久々かも。
かっこ良くて思いやりがあって心根の優しい好青年!

アクションシーンでのアクロバティックな動きが本当にカッコイイです。
特典映像によると、パルクールという新しいスポーツ(?)を取り入れた動きだとか。
パルクールでググるとそれだけで面白い動画が観れそうです。
[ 2010/11/24 23:47 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ラスト・ソング

ラスト・ソングなんてタイトルなのに歌ってない、だと!?

ディズニーのTVドラマ・シリーズ【シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ】の主人公ハンナ・モンタナ役の歌手であり女優さんマイリー・サイラスが主演の映画なので、ついつい歌を期待し過ぎてしまったようです。

もっとたくさん歌ってくれると思っていたのに、ピアノを弾く少女という設定で歌はさほど歌ってくれませんでした。


内容は、両親の離婚と別居で傷ついていた少女が、拗ねたり恋をしたり父親と和解したり自分を取り戻したりする青春物です。

あ、一行で終わってしまった。


泣ける感動ドラマという評判らしいのですが、どうにもベタすぎる展開。
悲劇というほどの悲劇も、事件というほどの事件もなく、わりと淡々と進む一夏の物語でした。

主人公の感情の変化に同調できず、私には素直に感動できる映画ではありませんでした。
単に観るタイミングが悪かったのかもしれません。

ラスト・ソング [DVD]

新品価格
¥3,135から
(2010/11/23 23:00時点)


[ 2010/11/24 22:08 ] 映画 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。