スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Disney's クリスマス・キャロル

クリスマスにぼっち(独りきり)の話。

今でも、今だからこそ、いまだに、万人受けする物語。



映像はスゴイ。
メイキングも面白い。

すでに知っている物語だったせいか、目新しい感動はないのだけど。
この物語が創られた頃の時代背景そのままに、現代にも通じる普遍の物語。

一人の男の、人生。
忘れられない過去と、行動する今と、変えられる未来。

(…そういえば、子供の頃に本を読んで、学校に提出するための読書感想文で「人は生きながら生まれ変わる事ができる」とか書いた事をふと思い出しました。)


Disney's クリスマス・キャロル [DVD]

中古価格
¥1,780から
(2011/1/22 07:23時点)



時代の変化を思えば、映像技術の進歩は素晴らしいものがあるなぁ。

ジム・キャリー主演の実写映画でもかなり良い出来だったんじゃないかな?とも思います。
顔の表情、動き、まだまだ役者の演技に依るところは多い。
[ 2011/01/22 07:16 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/810-cb2e795b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。