スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハート・ロッカー

アカデミー賞最多9部門ノミネート…
劇場で上映中にかなりの話題になっていた【ハート・ロッカー】をDVDで観ました。

感情移入できる人間がいない映画
でした。

ハート・ロッカー [DVD]

中古価格
¥2,500から
(2010/10/15 22:36時点)



命知らず、怖いものなし、そんな風に見える爆弾処理の男。
戦場を描きながらもどこか淡々とした描写。
死と隣り合わせの日常、非現実的な現実。

危険地帯での異常ともいえる精神状態が常であれば、安全な場所で異常ではない精神状態になった時には生きている実感が薄くなるんじゃないだろうか?と思いました。

どうにも私とアカデミー賞で話題になった映画は相性が悪く、前評判が良すぎると「どうせ、面白いんでしょ?」という意識が働くのかあまり観たい気持ちにならなかったり、観ても「いまいち」だったり「がっかり」してしまうことがあります。

予めの期待値が高過ぎるせいなんでしょうか?
(観て「ほら、やっぱり面白い」という事もなくはないのだけども…)

[ 2010/10/15 23:14 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/787-76af38dc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。