スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

X細胞は深く息をする

以前 パソコンで読む漫画というタイトルで記事を書いた時に、DreamTribeというサイトで「エナジィ」という作品を読み漁ってしまったと紹介していたのですが

単行本が出ていました!
X細胞は深く息をする (New COMICS)X細胞は深く息をする (New COMICS)
(2010/04/03)
やまあき道屯

商品詳細を見る


結末が気になっていたので、購入。

それにしても分厚い、普通なら2冊に分けそうな厚さ。
(当然、値段も普通の漫画の2倍はしている)そして内容が濃いです。


医療の進歩は、心臓さえも創りだす。
病で死ぬはずだった者をも生かす。

生きていくためにどちらがいいか。死なないためにどちらを選ぶか。
人工心臓(プラスチックの作り物の心臓)と、心臓移植(生きていた他の誰かの心臓)

作り物の心臓でも脈打つ。偽りの命とは言えない。
仮りそめの生命でも、借り物の心臓でも。

「死なないで」と願う。「生きたい」と願う。
延命のための技術の、始まりには祈りや願いの「心」があったはず…



「驚愕のラスト」なんて言葉が帯にあったので、ちょっぴり警戒はしていたのですが…

命の在り方とか問題提起をしまくって、でも根底には純愛があって。
けれど、純愛には人間に残された数少ない本能という側面もあって。

ラストは驚愕というか…諸行無常というか…読者の解釈に委ねる感じ。
嫌いではありません、少し苦手なだけです。安易にハッピーエンドにしない方が、色々と心に残るとは思います。

一途な主人公に幸せになってほしいと、一読者としては思うのですが。
何が幸せか?というと、また考えさせられる。

良くも悪くも”考えさせられる作品”、嫌いじゃないんです。



ご本人のサイトにあった動画、曲いいなぁ。
無料で読める作品もたくさん紹介されているので、興味のある方は試し読みもいいかと思います。

[ 2010/09/24 20:16 ] 漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/769-872ff13d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。