FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェイン・オースティン 秘められた恋

ジェイン・オースティン 秘められた恋】を観ました。

まだ身分制度が色濃く残り、まだ女性が教養と学問を身につける事は好ましくないとされていた時代。
(身分や財力のある男性の元に嫁ぐのが女の幸せであり、嫁ぎ先が裕福であれば家族を助ける事にも繋がる)


愛はあるが貧しい牧師の家の生まれで小説家志望の風変わりな娘ジェインは、都会から来た初対面の青年に自信作だったはずの詩の朗読を見下された気がして腹を立てる。彼の言葉や態度に自分のプライドを揺さぶられ、心は平穏ではいられない。けれど、彼の意見や感想を無視できず……



ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]ジェイン・オースティン 秘められた恋 [DVD]
(2010/03/17)
アン・ハサウェイ ジェームズ・マカヴォイ

商品詳細を見る


実在の女流作家の生涯を描く地味めな内容を予想していたのだけど、想像していた以上にキュンキュンしました。
ビックリしちゃうほど甘酸っぱい恋心から始まって、ほろ苦い結末に至る映画でもありました。

しかしこの時代の服装って可愛いなぁ…(特にお母さんが!)


ジェインを観ていて、若草物語のジョーを思い出しました。
変わり者呼ばわりされても、自分を曲げずに己の信じる道を貫く感じが好ましい。

ジェイン・オースティンの名前は以前観た映画【ジェイン・オースティンの読書会】で知ったもの。
女性たちの人生が感性豊かに鋭く描かれているような、彼女の小説を読んでみたい気になったものですが。こういう実録っぽい映画や、ジェイン・オースティン原作として映画化されている小説もあるようなので、まずは色々と観てみたいかも。


ジェイン役は、見覚えのある顔だと思ったら【アリス・イン・ワンダーランド】の白の女王ですね。
知的で凛々しい眉毛の美女、アン・ハサウェイ
[ 2010/07/23 23:34 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/753-06f30f77










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。