スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラブリーボーン

ラブリーボーン】観ました。
14歳で殺された少女の、死んでからの物語。

予想していたのとはだいぶ違ったかも。
(もっとずっと、主人公が死んだ後も"自分がかつて生きていた世界"に関わり、家族になんらかの影響を及ぼそうとする話なのかと思っていました。)

夢のように美しい映像でしたが、あまり夢(あるいは救い)のない物語でした。
淡々とした語り、傍観するだけの自分が死んだ後の世界。

…切ないというほどではなく、やりきれないというか。
……んや、所詮、誰かの死なんてそういうものなのかもしれない。


ラブリーボーン [DVD]ラブリーボーン [DVD]
(2010/07/02)
マーク・ウォールバー グレイチェル・ワイズ

商品詳細を見る


死んで魂だけになった人間には、体はもうどうでもいいものなのかもしれない。
大切なのは思いだけ、残るのは心だけ、それさえもやがて時の流れに薄れゆく…


(最後に骨くらいは発見されるのかと思っていた)
いまいち、タイトルの意味が理解できなかったなぁ。眠い状態で観たせいかしら?




主人公役のこの子、シアーシャ・ローナン、なんだか見覚えがあると思ったら~
エンバー 失われた光の物語】で、私がジャケットだけ見て美少年だと思ったら女の子だった子ですね。
ラブリーボーン】では、すっかり少女らしくなったなぁ。と、初めて子役(もう女優と言っていい年かな?)の名前を意識したら、以前に観た映画にも出ていました。
つぐない】の妹役!そういえば!という感じでした。
まだ観ていない【奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~】にも出ているそうで、こちらはTSUTAYA DISCASのレンタルリストにすでに入れてありました。そのうち観る予定。
[ 2010/07/17 03:59 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/750-c0168d38


『ラブリーボーン』'09・米・英・新

あらすじ14歳のスージーが近所の男に襲われ殺された。深い悲しみを負った家族は、いつしかバラバラに。そんな様子を、スージーは天国から見守っていたが・・・。感想ハラハラする...
[2010/12/14 00:02] URL 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。