スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブタがいた教室


意外にも、予想以上に、面白い映画でした。
もともと興味深いという意味で楽しみな映画ではあったのですが、もっと暗く淡々としたドキュメンタリー風かと思っていたのだけど、テンポがよくて、最後まであきずに観ることができました。

子役すごいです。これ演技なんだよね?本当に、実際に小6の1クラスで飼って撮影したの?と思わせる。




ブタがいた教室 (通常版) [DVD]ブタがいた教室 (通常版) [DVD]
(2009/04/10)
妻夫木聡 原田美枝子

商品詳細を見る


生きたブタを最後には食べるためにクラスで飼う。
結果、この中の何人がベジタリアンになったのだろうか?誰もならない?

誰でも一度くらいは、生き物を食べることで生きている自分を自覚する事があるとは思う。
自分が口にする食べ物が、かつては生き物だったということ、生き物の死体の一部だという事。
何処かで誰かが生き物を食べ物に加工してくれている。肉も魚も野菜からだって、命を頂いている。

「いただきます」「ごちそうさま」
感謝を忘れてしまう。


もっと長めの予告編もあったのだけど、なんか最後に「感動の実話」などの煽り文句が逆に嘘くさかったので、短い方を貼っておきます。


こちらは報道番組(?)内の紹介。
[ 2010/04/09 01:18 ] 映画 | TB(0) | CM(2)

ブタがいた教室

ご鑑賞ありがとうございます。
周りの皆様とゼヒ話し合ってみてください。
[ 2010/04/09 02:46 ] [ 編集 ]

Re: ブタがいた教室

Oさん、コメントありがとうございます。
観た方それぞれの食についての考えを聞いてみたくなる作品でした。


[ 2010/04/12 05:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/717-95cc4708










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。