スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ターミネーター4

レディースデイを利用して、仕事帰りに観て来ました。

一言だけ感想を述べるなら
「主人公が可哀そう!」

ただし今回の主人公はジョン・コナーでも、サラ・コナーでもなく、若かりし頃のカイル・リースでもありません。

映画を観る前の予想では、大人に成長したジョン・コナーと、まだ少年のカイル・リースが出会う話なのかと思っていました。

自らの運命をまるで知らない少年。やがてジョンの命令で過去に行く事になり、ジョンの母サラ・コナーと出会い、ジョンの父となる少年カイル。

少年時代に未来からの干渉を受け過ぎて、多くの未来を知ってしまったが為に、今では預言者と呼ばれる大人になったジョン。

その2人の話だとばかり思っていたんですが、違いました。
(もちろん、その部分にも触れてはいるのだけど。それが本筋ではないというか…)

今回の主人公はマーカス・ライトという元死刑囚です。(ジョン・コナーと主人公2本柱という解釈も出来ますが、私の中では、4の主役はマーカスです)…男前です。惚れます。


しかし、カイル少年は可愛かったなぁ。行動を共にしている幼女も可愛かった(シリーズ続編的な意味で将来が楽しみ)。抵抗軍の女性も美人さんだし(目の保養)。
…しかし、全体的にジョンやマーカス、抵抗軍の男、マッチョのT-800と、むさ苦しい映画でした。ロマンス少なめ。



ちなみにwikiによるとターミネーター5は、2011年公開予定だそうですよ!
[ 2009/07/10 21:37 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/618-6ffe8f72










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。