スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幸せの1ページ

ずっと書きそびれていたので、今のうちに。
ミストの衝撃の後、友人が借りてきたDVDです。


簡単に言えば、冒険小説を書くけれど実は潔癖症で引き篭もりの女性作家が、南の島で一人で大ピンチの少女の為に奮闘するドタバタ喜劇映画、かな。

理想と現実、妄想と理性。
小説の中のキャラクター(大冒険家の男性)があまりに有名で、素敵で、少女の憧れの存在で。
現実に助けを求められても困ってしまう、非力すぎる女性作家。

少女が必要としているのは、大冒険家のアレックスであって、小説家のアレックス(自分)ではない。けれど…

幸せの1ページ [DVD]幸せの1ページ [DVD]
(2009/02/13)
ジョディ・フォスターアビゲイル・ブレスリン

商品詳細を見る




小説の中の主人公、実在しない男アレックスが本当に素敵です。
小説家のアレックスが自問自答する場面で、妄想として冒険家アレックスが現れるのだけど。さすが世界中で愛される冒険小説の主人公、カッコイイ!(笑)本当にこの小説があるのなら、読んでみたい気持ちになります。

少女の暮らす島もとても綺麗です。
大自然と、人間以外の友達。(人間の友達は一人もいない。)
パソコンとインターネットがあれば、孤島暮らしでも世界と繋がっていられる。けれど、身近には父親しかいない。その父親が海に出たまま帰らない不安の中で、物語のヒーローを求めるのも仕方ない事なのかもしれません。


場面、場面は、美しかったり、面白かったり、楽しかったりしたのですが…
個人的には、ちょっと納得のいかないストーリーでした。なんだか無理があるというか…
ハッピーエンドなんですけどね!


[ 2009/05/10 00:19 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/595-1cb37dc2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。