スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

読み終わってるよのメモ的に。

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)
(2002/05)
西尾 維新take

商品詳細を見る


「このシリーズは、語り部である戯言遣いいーちゃんに対するキャラ萌えで読んでいる」とは、貸してくれた友人に言ってありますが。

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識でも、やはりキャラ萌えです。
タイトルにもなっているに人間失格こと零崎人識も、なかなかに好きな感じでした。

大学生のいーちゃんが、ご学友とつるんでいる。それだけの事が妙に違和感で。
巷を賑わす殺人鬼と交流している、そちらの方に違和感が無い、不思議。

そして読み終わってみると「なんてネタバレな表紙イラストなの!?」と思いました。



余談ですが、
新装版のイラストより、前のイラストの方が好みだなぁと思ったり。
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫)クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
(2008/06/13)
西尾 維新

商品詳細を見る


ところで、カラオケで人間失格が唄っていた歌が、これに思えて仕方ありませんでした。この小説は何年前に書かれたもので、この歌がいつからあるのかもわかりませんが。(笑)

【ニコニコ動画】東方 最終鬼畜一部声
[ 2009/05/09 23:16 ] 小説 | TB(0) | CM(1)

聞こえます

人識くんのダダダダッって曲は、きっと東宝ですね!
[ 2011/12/22 13:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/593-05588f3c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。