スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王狼たちの戦旗 5

読み終わってしまった………

なんかもう!
まだまだ物語りはこれから!

ってところで終わってるというか、むしろ終わってないっていうか、続いてるんならなんでタイトルが変わるんだ!?って、つい思ってしまうのは私だけなんでしょうか!?

王狼たちの戦旗 5 (5) (ハヤカワ文庫 SF マ 8-110 氷と炎の歌 2)王狼たちの戦旗 5 (5) (ハヤカワ文庫 SF マ 8-110 氷と炎の歌 2)
(2007/07)
ジョージ R.R.マーティン

商品詳細を見る



相変わらず、誰が主人公というわけでもない描き方をされていますが…
本当に、タイトルが変わる意味がわからないよ。私には…

それにしても、”王狼”なんてタイトルについてるわりには、大狼をつれた北の王ロブの出番のなさにびっくりです。

びっくりといえば、シオン。どうなってしまったんだろう?というか、彼は本当のところ何を目指して願って求めて動いていたんだろう?どこまでがスターク家に対する裏切りで、どこまでが迂闊な計算外で、何処までが…なんだか報われなさ過ぎなような気がしてしまう。

ブランとリコンは、よかったー!最悪の事態ではなかった!なんだけど。
これからまた苦難がありそうだなぁ。

ジョフリーの婚約者という身分からは解放されたサンサは、正妻という地位ではなく側室扱いに転落する前に逃亡できるのか?

男前過ぎるアリアは、このまま野郎供を従えて逃亡生活をやり遂げるのか?

命令に従って夜警団を裏切ったふりで野生人に寝返ったふり~のジョンは?

ついに海を渡る準備を始めたデーナリスは?

さらに醜く不自由な顔と体になったティリオンは?

他にも、あの人やこの人や、

今後が気になる人が多過ぎです!

そして、まだまだつづく…



順番でいくと、次はこれ?………上製本は高いよ!
早く文庫になればいいのに!

剣嵐の大地〈1〉―氷と炎の歌〈3〉 (氷と炎の歌 (3))剣嵐の大地〈1〉―氷と炎の歌〈3〉 (氷と炎の歌 (3))
(2006/11)
ジョージ・R.R. マーティン

商品詳細を見る


うああ、続きが気になる。読みたい。

でも続きの文庫版はまだ出ていない…
ハードカバーだと高いし、電車の中で読みにくい…

最初から読み返してようかなぁ…
王狼たちの戦旗 5の巻末にある解説でも再読を薦めていますね。
文庫版七王国の玉座Ⅰ~Ⅴ、王狼たちの戦旗Ⅰ~Ⅴの計10冊を一気に読み返せばいいのか。続きが文庫化されるまで読み返していればいいのか!?

七王国の玉座〈1〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)七王国の玉座〈1〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2006/05)
ジョージ・R.R. マーティン

商品詳細を見る


今にして思えば、七王国の玉座〈1〉のこの表紙はもう夜警団入りした後のジョンなんだねぇ。



あ。でも、とりあえず好きな作家さんの新刊が出たので、今はこれを読む♪

追憶のカレン (C・NovelsFantasia か 1-50 クラッシュ・ブレイズ)追憶のカレン (C・NovelsFantasia か 1-50 クラッシュ・ブレイズ)
(2008/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る


[ 2008/11/27 21:05 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/570-b7ad3aa7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。