スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王狼たちの戦旗 (1)

読み終わりました!


…ロブ。別になにもなかったね。

北の王になんてなったから、暗殺でもされてしまうのかと心配したのに。
(重そうな王冠を被るロブには、今後なにかありそうで心配ですが。)

読み終わってみれば、なんというかさらに登場人物というかスポットライトの当たる人物というかが増えていて、たいへんなことになっています。

お馴染みのあの人やら、お気に入りのあの方やら、気になる人物がなかなか登場してくれない!

そんな中、王の手(代行?)のティリオンに惚れ直す。

あと、シェイが可愛いなぁ。
(この物語の中で唯一、ほんわかとする女性だ。なごむ。)


王狼たちの戦旗 (1) (ハヤカワ文庫 SF―氷と炎の歌 (1604))王狼たちの戦旗 (1) (ハヤカワ文庫 SF―氷と炎の歌 (1604))
(2007/03)
ジョージ・R.R.マーティン岡部 宏之

商品詳細を見る



…結局、この表紙は誰なのかなぁ?
読み始めた頃は、もしかしてアリア?と思ったのだけど。ぅう~ん?



すでに買って用意はしてあります。王狼たちの戦旗、2巻。

読み進めるのが楽しみです。
(読むのに夢中で、電車を乗り越さないように気をつけないと…)


王狼たちの戦旗 2 (2) (ハヤカワ文庫 SF マ 8-107 氷と炎の歌 2)王狼たちの戦旗 2 (2) (ハヤカワ文庫 SF マ 8-107 氷と炎の歌 2)
(2007/04)
ジョージ R.R.マーティン

商品詳細を見る


…さて。表紙の、この悪人面は誰だろう。
[ 2008/08/31 13:38 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/566-6fa3679a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。