スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シン・シティ

アメコミの実写というので、やたら原色で極彩色の派手な(やりすぎな感じの)ものを想像していたのですが。

期待してなかったからかもしれませんが。かなり面白かったです。

映像が素晴らしい。
演出というのかな?画面の色使いが狙っているのだろうけど洗練されていて、シックに独特の雰囲気と世界観を描き出しています。
豪華俳優陣も素晴らしい演技で、違和感がない。綺麗で強い女性陣も見応え有り。

派手なアクションに、主人公の静かで詩的な独白がかかる。静と動のコントラスト。
オムニバス形式というのかな?同じ場所(シン・シティ)で起こるそれぞれの物語。
交叉する、関わり合う、すれ違う、人々。
それぞれの生き方にそれぞれの生い立ち(背景)がしっかりある。

展開の仕方が面白かったです。
かなり暴力的ではあるので「残虐な場面などが苦手な方はご注意下さい」だろうと思います。

シン・シティ スタンダード・エディション シン・シティ スタンダード・エディション
ブルース・ウィリス (2006/06/23)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
[ 2006/09/02 22:32 ] 映画 | TB(0) | CM(1)

きのうは演技した

きのうは演技したかもー。
[ 2006/09/03 17:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/51-9a6a6cda










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。