スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テルミン

まず言えるのは、淡々とした映画が苦手な方にはおすすめしません。
(あと、日本語吹き替えがありません。)

私個人的には、好きではあります。「テルミンという楽器の音色を聴いてみたかった」というだけの理由でレンタルしたわりに、興味深く面白いと感じる作品でした。

ドキュメンタリーというカテゴリで、俳優による演技は一切なし。
実際の関係者に当時を語ってもらいながら進行する形式なのですが。
楽器テルミンとその開発者テルミン博士の時代に翻弄されっぷりが、ドラマティックにサスペンス。事実は小説より奇なりのまさに実写という印象。

そしてホラー映画の効果音としても使われたテルミンの不思議な音色そのものがミステリー的とも言えるかもしれません。

古い映画のワンシーンをそのまま紹介してくれるのも面白かったです。
古すぎて観た事のない映画ばかりでしたが。怪しげで妖しい、素敵な効果音となっていました。
(当時はハリウッドの最先端技術。現代でいえば、お笑い番組のコントのような衣装で、シリアスに演技している宇宙ロボットなんかにも時代の流れを感じて楽しめます。)


ビーチ・ボーイズの創設者ブライアン・ウィルソンが「グッド・バイブレーション」にテルミンを使った経緯のようなものを語る場面なんかもあったのですが。(”どうせ奇妙なサウンドにするならテルミンでとことんやろう”と思ったのだそうです。)

テルミンは知らなくても、この曲は知っているという方も多いのでは?洋楽に疎い私でさえも聞き覚えがありました。


テルミン ディレクターズ・エディション テルミン ディレクターズ・エディション
レフ・セルゲイヴィッチ・テルミン (2002/02/22)
PI,ASM

この商品の詳細を見る

映画『バニラ・スカイ』だったか『オープン・ユア・アイズ』だったか、どっちかで使われてた曲だ!と思い出す。(記憶違いだったらごめんなさい)

奇妙な音色を奏でる楽器テルミンを使った奇妙なサウンド。それが奇妙な映画に使われるのは納得できる構図です。

バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ (2006/04/21)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
オープン・ユア・アイズ オープン・ユア・アイズ
エドゥアルド・リノエガ (2004/01/21)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
[ 2006/04/23 03:20 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/5-2580af7d










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。