スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペネロピ

他のDVDを観た時に予告編が収録されていて、気になったDVDでした。
ペネロピを観ましたよ。

ペネロピ [DVD]ペネロピ [DVD]
(2008/09/17)
クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ

商品詳細を見る


可愛くて、性格のいい女の子(に見えるけど、20代半ばらしい)ペネロピが魅力的な映画でした。
外見のことなんて、たいした問題じゃないなぁ。人間は中身だわ!と、しみじみ思える映画でもありました。

先祖の悪行による呪いのせいで、とても個性的な姿で生まれたきた少女が、周りがどんな偏見や同情や好奇の目で自分を見ても、自分自身を自信を持って好きだと言えるようになるまでの物語…かも?






しかし、この映画。
ひどいと思った人にも、優しい一面や同情できる部分があって、登場人物がそれぞれ魅力的で優しい気持ちになる作品なんですが…

なんだかんだと言っても、母親が一番偏見があり、見た目に固執していると思います。
世間の好奇の目から愛する娘を守るという名目で自宅にペネロピを隠し続けたのは、むしろ世間体を気にしていて、自分の娘が醜い事が許せなくて、どうにか密かに呪いを解こうとしていたという感じ。もちろん、愛はあるんだけど、自己愛の方が強い。ある意味、とてもわかりやすく人間くさい可愛い人でした。
[ 2009/01/20 22:16 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/454-bd7a3e42










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。