スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月光の囁き

確かこの映画は・・・

前に【秒速5センチメートル】のDVDを借りて観た時に、監督さんがインタビューでちらっと語っていらして、観てみたくなった映画です。

観た後の感想は…
うん!万人ウケはしないだろうけど。いい映画!だと、私は思うなぁ。
でした。

月光の囁き ディレクターズカット版月光の囁き
(2003/08/21)
水橋研二

商品詳細を見る


誰かを愛する気持ち、嫌悪する気持ち、憎む気持ち、蔑む気持ち。
思春期の、いろんな感情が渦巻く映画です。

こんな事で深く傷付いてしまう。あんな事でも受け入れてしまう。
好きだからこそ許せない、愛してるから許してしまう。

こんなはずじゃなかった。
信じてなかったら傷付かなかった。
愛してなかったら傷付けることもなかった。

どんなに傷付けられても、傷付いても、想う事はやめられない。

高校生の男女が織り成す、色々と倒錯した趣味というか、人には言えない性癖などを扱った映画ではありますが、根底に在るのは純愛だと感じる。不思議と観終わった後の印象は爽やかな映画でした。

それにしても。処女を捧げた最愛の彼氏が、自分の体以上に●●をもらって喜んでいるなんて。言葉が悪いとか態度が間違ってるとかの問題じゃなく、そりゃあ傷付くよなぁ…と思いました。

[ 2008/07/11 18:39 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/383-33256112










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。