スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秒速5センチメートル

タイトルだけは、前々から知ってはいたのだけど。
観るのは初。【秒速5センチメートル】をTSUTAYA DISCASで借りました。

1つのDVDに、3つのお話。
主人公の少年時代(小・中学)/高校時代/現在(社会人)

…「2話で観るのをやめておけ」というコメントをニコニコ動画の何かで見たのですが。なるほど、という印象でした。アニメという表現方法でありながら、なんてリアルな(夢の無いともいう)展開。だが、あえてそこがいいのかもしれない、この作品に限っては。ちっとも甘くはない現実。

秒速5センチメートル 通常版秒速5センチメートル
(2007/07/19)
水橋研二、近藤好美 他

商品詳細を見る


心の距離と物理的な距離について、考える。
「会いたい」気持ちと。「会えない」距離。
傍にいるけれど、ここにない心。

遠い、近い。離れる、近付く。時間と、距離。心の場所。

心が繋がっていても、手も繋げないという現実。
手を繋ぐ事が出来る距離であっても、心には触れられないという事実。

時間と場所、空間を共有するという事。誰かと共感するという事。
その積み重ねで、自分が出来ていく。

かつての自分がまるで想定していなかった自分に。
いつの間にか、なっていくのかもしれない。



[ 2008/05/03 22:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/359-409084d5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。