スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

「私が神様だったら、こんな世界は作らなかった」

別のDVDを観たときに、予告編が入っていて。
腑抜けども、悲しみの愛を見せろ】なんてタイトルと、流れた女性ボーカルの叫ぶような歌の歌詞(冒頭の言葉)と、強烈なホラーマンガのイラストのインパクトが!(笑)

まんまと観たくなってしまって、TSUTAYA DISCASで借りました。
(正確には。観たいけど、お店で探すのは面倒で。観たいものメモと化しているTSUTAYA DISCASの予約リストに放り込んでおいたというか…)

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
(2008/02/22)
山本浩二、佐津川愛美 他

商品詳細を見る


登場人物の中に、約一名、妙に共感できてしまう人間がいます。
(なんというか、うん。感性というか、人格というか。)
それが誰かは、たぶん友人にはすぐにわかると思う…。

(↓に、YouTube発掘の予告編貼っておきますね)



[ 2008/04/13 04:25 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/351-51067cf6


DVD「腑抜けども悲しみの愛をみせろ」を観ました。2008年65本目

製作年 : 2007年 製作国 : 日本 主演;佐藤江梨子  佐津川愛美 、 永作博美 、 永瀬正敏 両親の訃報に故郷に駆けつけた姉、澄伽。 母の連れ子だった兄・宍道と結婚相談所の紹介で嫁いできた兄嫁、待子。 内向的な妹、清深。 この4人がおくるブラックなお話。 姉の澄伽?...
[2008/05/31 01:00] URL Aspiring Bobby-dazzler Starlet








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。