スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャケット

…久し振りにDVDを観ていて泣きました。
(※現在、私が情緒不安定なだけかもしれないですが…)

精神病患者の語る「妄想」として処理されてしまう話のうちの何割かには、現実としては信じ難い事実、常識的には有り得ない現実、本当の事が含まれているのかもしれない。

謎に満ちた仕組みは解明されず、不思議は不思議のまま。あるのは切欠と事実のみ。男は本当はいつ死んだのか?死んだように生きていたのか?生きるために死んだのか?

結末に、救いがあるのか?ないのか?わからない。
たぶん、観た人の解釈しだいで、後味は良くも悪くもなる。

…私は、好きです。
(いいように解釈しているだけかもしれません)
人の、人に対する優しさを感じさせる映画だと思いました。


ジャケット ジャケット
キーラ・ナイトレイ (2006/10/28)
松竹

この商品の詳細を見る


PG-12作品だと、↑の詳細を見て知りました。
そういえば、12歳くらいの頃には精神を病むことに対する恐怖心があった覚えがあります。(「精神病は保険が利かないから」と脅されていたせいでしょう。実際はどうなのか知りませんが)
[ 2007/01/12 21:55 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sinen.blog71.fc2.com/tb.php/113-9e534faf










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。