スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空気人形

一言で言えば、エグい。
生々しくて滑稽で切なくて痛い。



中年男の所有物に過ぎない空気人形が、ある朝”こころ”を持ってしまう。
別の男性に恋をしてしまう。
ファンタジー。
空気人形 [DVD]空気人形 [DVD]
(2010/03/26)
ぺ・ドゥナ、ARATA 他

商品詳細を見る



公式サイトまだあった→空気人形

漫画で描けば綺麗なファンタジーの少女漫画にだってなったかも?

実写の映画という表現による人間の生々しさと毒々しさが、美しい人形の生まれたてで純粋な心と対比されて感慨深い作品になっているように思えます。

醜い性欲、エゴ、虚栄心を抱えた人間と、ただ愛されるためだけに生まれた人形。
ただ性欲を処理するための人形。もしかして他人を上手に愛せない不器用の人間のための恋人の代用品。優しく綺麗な慰め。

もしも自分が中身の空っぽな器だとして、愛している人の息でその体を満たされたなら、それは幸せな事だなぁと思えてしまう。

ラストはやや衝撃的でもありました。
物悲しい、まるで恋しかたを誤った現代の人魚姫のよう。

スポンサーサイト
[ 2011/08/15 21:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。