スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダーリンは外国人


「抜かれるなら度肝がいいよね」(引用)


だいぶ前に友人から借りて読んだことがあった『ダーリンは外国人』の映画化作品をTSUTAYA DISCASで借り
て観ました。

原作は、語学おたくの外国人トニーさんによる日本語についての疑問や着眼点が、日本語の面白さを再確認させる。とても面白いエッセイ漫画だったので、予告編を観て「トニーさん(役の人)カッコイイ!こんなカッコイイのに、あのボケをかましまくるのかぁ」と、コミカルほのぼのコメディっぽい映画を期待して観たのですが~~~~~~~~~~~

びっくりするくらいシリアスなラブストーリーになっていました。
いや、本当に。ビックリですよ。

ダーリンは外国人 [DVD]

中古価格
¥1,988から
(2010/12/27 10:56時点)




いつかは漫画家になるというイラストレーターさおりの夢、楽しいばかりではない外国人であるトニーとの付き合いの難しさ、言葉の壁、文化の違い…


…トニーさんの言動の面白さを単純に期待していたのになぁ…と、私には物足りなく感じてしまい、なんだか残念な気持ちでした。

むしろ原作を知らなければ、真面目に国際結婚の難しさを描いた物語としてすんなりと楽しめたのかもしれません。

あ、「すんなり」ってちょっと面白い日本語だなぁ(笑)

…最後に愛は勝つ、美男美女カップルの可愛いラブストーリーと思ってみれば、いいのかも。
恋人同士の気持ちが時にすれ違うのは、外国人とか日本人とかまるで関係ないのかもしれない。国籍はどこであろうと、人と人の物語。異性との恋や家族との愛、ただそれだけ。

しかし、個人的に挿入歌で和製ラップはちょっと………(もにょる)



まったくの余談ですが、私が以前務めていたアルバイト先の店長の奥様が中国人女性で、仕事の合間によく日本語の意味を聞かれたなぁと思い出しました。
「いつもと、つねにと、しょっちゅうって、どう違うの?」とか。普段何気なく使っている日本語の意味を改めて聞かれると「え~と…(どう説明しよう?)」ってなりますよね。

日本人でも日本語を正しく理解しているとは限らない。言葉は面白い。
スポンサーサイト
[ 2010/12/27 11:47 ] 映画 | TB(1) | CM(0)

鉄男 THE BULLET MAN

感想を一言で書くと…
不完全燃焼なファンタジー

重低音のカッコイイ音楽。
ホラーと見紛う迫力ある映像。

息子の死から始まる悲劇、謎の組織からの襲撃、父が関わっていた「鉄男プロジェクト」の真相、自分の生い立ちの秘密。

まるで悪い夢の中にいるような、古い映画のような、どこか現実感のない色褪せた映像で、重々しい雰囲気のままストーリーは進んでいくのだけど…。

「運命に自分を委ねろ」とか。「愛で世界を破壊しろ」とか。
所々、台詞もカッコイイです。

それなのに、盛り上がりに盛り上がって、でもオチてないという印象でした。
なんだろう?このもやっと感。不完全燃焼な気分。


公式サイト→http://www.tetsuo-project.jp/

鉄男 THE BULLET MAN 【2枚組 パーフェクト・エディション】 [DVD]

中古価格
¥3,150から
(2010/12/17 17:58時点)


以下、ネタバレ注意で。
(※ちなみに私は20年前という前作は観ていません)

眼鏡+スーツ姿のアンソニーさん素敵です。
怒りが引き金になってトランスフォーム、変わり果てた姿の夫アンソニーをそれでも抱き締める、愛することができる妻ゆり子はすごいと思いました。

家族をとても愛していたからこそ、奪われた時は怒り悲しみ、憎しみに狂う。
"愛で世界を壊しかけた男"と、"愛で世界を救った女"の物語と評すれば、ほら、まるでファンタジー。

[ 2010/12/17 19:17 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ドニー・ダーコ2

まるで一度は完成した綺麗なジグソーパズルをぐちゃぐちゃにされた気分です。

しかもピースがいくつか見当たらないからと別のパズルから別のピースを持ってきて、ぽっかり空いた穴のようなスペースが埋まらないまま、混ざったピースの山が残される。もう完成は不可能!そんな印象。

前作から7年後、ドニー・ダーコの妹サマンサの物語。
「あと4日と17時間 26分31秒…」世界の終わりを告げるのはサマンサでありサマンサではない少女。

ドニー・ダーコ2 [DVD]

中古価格
¥3,511から
(2010/12/13 12:46時点)



【ドニー・ダーコ】では、ドニーによって”世界は救われた”ように思えたのに。
2では、まるで”ドニーのせいで崩壊した家族”という現在の在り様が描かれ、まず絶望します。

トランポリンで無邪気に飛び跳ねる姿が懐かしい妹のサマンサ。
ダンス好きの活発な少女だったのに、すっかり根暗になってしまった。(影のある美少女とも言えるけれど…)死んでしまった兄の年齢を追い越して、家族と離れて、かつての兄のように夢遊病で、不安定。

旅の途中、車の故障でたまたま立ち寄った街。
旅の道連れで友人のコーリー。二人に親切にしてくれた男ランディ。行方不明の少年。終末の鍵を握る(と思われる)帰還兵イラク・ジャック(ジャスティン)。サマンサに執着するSFオタクっぽい青年ジェレミー。元囚人の神父。神父を崇拝する狂信的な女。

世界の終末を告げられるのではなく、告げる側のサマンサ。
(サマンサの知らないサマンサに)世界の終わりを告げられ『ドニー・ダーコに世界の終末を告げたウサギ』を模した鉄製の仮面を作るジャスティン。

【ドニー・ダーコ】は正しくドニー・ダーコが主人公の映画でしたが、【ドニー・ダーコ2】(原題は、S.DARKO)はサマンサが主人公ではない、メインで在り続けない。主要人物の一人という扱いで、この映画の中で視聴者の目で在り続けないため、ストーリーがぶれぶれな印象でした。
[ 2010/12/15 21:36 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

ブログペットの雪(飼い主)

2006年6月30日が誕生日。
四年半のお付き合いだったブログペットの雪とお別れです。
ペット終了

サービス終了なので仕方ないのですが、寂しいです。
放置気味のブログのお留守番として、更新が停滞中も、ペットの雪が記事を投稿してくれていました。

週に1回ペースの記事投稿。カテゴリ:ブログペット
私(由希)の書く記事の数が、ブログペット(雪)の書く記事の数に負けないように~というのがささやかに目標でした。
[ 2010/12/15 21:32 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

メモしたかも(BlogPet)

きょう雪は、メモしたかもー。

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2010/12/14 09:37 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

キック・アス

パッと見、なりきりヒーローの青春ムービー。しかしその実態は!?
…R-15作品である。

ブラット・ピットニコラス・ケイジの名前もあって、予告編で気になっていた映画【キック・アス】→公式サイト
近くの映画館では上映しないなぁと残念に思っていたら、GyaOでオンライン試写会をしていて、幸運な事に抽選に当たったので観ました。本当にラッキ~♪

※12月15日まで抽選中→オンライン試写会








以下、ネタバレ有りの感想なのでご注意ください。
[ 2010/12/13 11:01 ] 映画 | TB(9) | CM(0)

レンタルしないです(BlogPet)

雪は、レンタルしないです。
だけど、きょう雪はメモしなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2010/12/07 09:22 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

ロイヤル・セブンティーン

めでたしめでたしで終わる心がほっこりする物語。

主人公は、タイトルどおりに17歳の少女…なんだけど、むしろパパが可愛いです。

今まで母リビーから話を聞くだけで、一度も会ったことがない父親に会いたい一心でロンドンまで一人で行く事にしたダフネ。

イギリスの上流階級にいる父親のヘンリーは、今まで存在も知らなかった娘の出現に狼狽えるものの、徐々に親としての情がわいていく。

ロイヤル・セブンティーン [DVD]

中古価格
¥1,780から
(2010/12/13 11:11時点)




お祖母様も可愛い。
(たぶん昔は家柄重視で厳格で、庶民であるリビーを嫁と認めようともせずに嫌っただろうけれど、年老いて寛容になった故の可愛さ)
唐突に孫娘に抱きしめられて、「抱擁はやめて、イギリス人は犬と馬にしか感情を見せないの」と毅然と言いながらも少し嬉しそうな辺り、本当に可愛いです。

[ 2010/12/01 00:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。