スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

七王国の玉座〈4〉

4巻を読み終わりました。
相変わらず主に電車で読んでいます。
この巻で、声を大にして言いたい感想は一言だけかもしれない。

サンサのおバカー!><

七王国の玉座〈4〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)七王国の玉座〈4〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2006/08)
ジョージ・R.R. マーティン

商品詳細を見る

いや、ある意味で。サンサがこの物語の中では一番、女の子らしい女の子のような気がしないでもない。恋に恋して、自分の恋心でいっぱいいっぱいで、周りがよく見えてなくて。自分のささやかな願い(我侭)が周囲にどれほど影響力があるか、まるで気付いていない。エダートさんの努力をあっさり台無しにしてしまう幼い恋心!><

一方、妹のアリア、すごい。ないがしろにされっぷり、すごい。窮地からの逃げっぷり、すごい。姉とは正反対に、たくましく育ち過ぎちゃったなぁ。男の子だったら頼もしかったけど、女の子だから心配してしまうよ。無事に味方に合流できるのか?ハラハラ。

頑張るお兄ちゃん、ロブの急成長な殿様っぷり、大人になりっぷりはちょっと悲しいものがある。長男は大変だ。お父さんに続いてお兄ちゃんまでいなくなってしまった状態で、ウィンターフェルに残されたブランの健気さとか。このままでは家族の顔を忘れてしまいそうなリコンとか。

夜警団で出世していつか兄弟と合流するのかと思っていたジョン・スノウはこれからどうなる!?


他にも色々と気になることだらけで、4巻終了です。
(結局、4巻のこの表紙の女性は誰だったんだ?………ケイトリン?)
5巻の用意が間に合わなかった!(というか、まだしばらくもつと思っていたら、巻末の付録の存在をすっかり忘れていた!)4巻買うときに5巻も一緒に買っておけばよかったと後悔。
スポンサーサイト
[ 2008/07/29 20:27 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

七王国の玉座〈3〉

3巻は、少し早く読み終わりましたよ。
ほぼ電車の中で読んでいるのは変わりないけれど。

表紙にもなっているティリオン!
やっぱり好きだなぁ、彼の精神がとても好き。と、しみじみ思う3巻でした。
口は悪いけど、粋に思える毒舌さ。知性と勇気とハッタリが素敵♪(笑)

ちっちゃくても、立派な大人の男性だなぁ。(というか、いくつなんだ?彼は…)

どんな流血沙汰よりも、地下にはない地下牢が怖かった。
あんな牢に入れられたら、私ならきっと空に呼ばれてしまう………



ティリオンが頑張っている(出番が多かった)影で、やはりジョン・スノウの出番は少なく感じる1冊でもありました。物足りない!なんだか物足りない。後ろの方でやっと出てきて嬉しかったけども!


成長していくスターク家の子供たち、それぞれの今後が気になるし、楽しみです。
そして大狼も。だんだん危険で怖ろしくも頼りがいのある存在になりそうな?

七王国の玉座〈3〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)七王国の玉座〈3〉―氷と炎の歌〈1〉 (ハヤカワ文庫SF)
(2006/07)
ジョージ・R.R. マーティン

商品詳細を見る
[ 2008/07/20 10:41 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

月光の囁き(BlogPet)

由希の「月光の囁き」のまねしてかいてみるね

確かこの映画です。
観た後

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2008/07/18 09:35 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

月光の囁き

確かこの映画は・・・

前に【秒速5センチメートル】のDVDを借りて観た時に、監督さんがインタビューでちらっと語っていらして、観てみたくなった映画です。

観た後の感想は…
うん!万人ウケはしないだろうけど。いい映画!だと、私は思うなぁ。
でした。

月光の囁き ディレクターズカット版月光の囁き
(2003/08/21)
水橋研二

商品詳細を見る


誰かを愛する気持ち、嫌悪する気持ち、憎む気持ち、蔑む気持ち。
思春期の、いろんな感情が渦巻く映画です。

こんな事で深く傷付いてしまう。あんな事でも受け入れてしまう。
好きだからこそ許せない、愛してるから許してしまう。

こんなはずじゃなかった。
信じてなかったら傷付かなかった。
愛してなかったら傷付けることもなかった。

どんなに傷付けられても、傷付いても、想う事はやめられない。

高校生の男女が織り成す、色々と倒錯した趣味というか、人には言えない性癖などを扱った映画ではありますが、根底に在るのは純愛だと感じる。不思議と観終わった後の印象は爽やかな映画でした。
[ 2008/07/11 18:39 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

わり(BlogPet)

きょう雪がエントリを宅配しなかったー。
だけど、由希の絡みに出演しなかったー。
でも、由希と人々っぽい利用した?
だけど、感想が便乗したいです。
でも、由希でダンサーを再会するはずだったみたい。
だけど、わりイメージしないです。
それで由希は由希は場所暗殺したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2008/07/11 09:22 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

〈本の姫〉は謳う 3

〈本の姫〉は謳う 3 を読み終わりました。

発売日に家で一気読みした友人とは違い、ちまちまと電車で読んでいたんですが。やばかった!
アザゼルが来世でしたい事(本当の願い)を言葉にした場面で、うるってきた。満員電車でなければ泣いてたかもしれない。

アンガスが、この旅が終わった後にしたい事を語る場面も!><
電車じゃなくて、家でじっくり読めばよかったかもしれないなぁ。
4巻が出るまでには、一度、1巻からじっくり読み返そうかなぁ。

ともあれ、この物語の起承転結の転にあたる3巻を読み終わり、次は結。
最終巻の予定の4巻が発行される日をわくわくして待とうと思います。楽しみです。

〈本の姫〉は謳う 3 (3) (C・NovelsFantasia た 3-4)〈本の姫〉は謳う 3 (3) (C・NovelsFantasia た 3-4)
(2008/06)
多崎 礼

商品詳細を見る

[ 2008/07/10 18:30 ] 小説 | TB(0) | CM(0)

雪(BlogPet)

由希と、便乗した?
それで雪が場所が宅配したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2008/07/04 09:17 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

再会の街で

実はわりと好きな俳優なのです。アダム・サンドラー。
彼の出演作はコメディやほのぼのとした映画のイメージが強いのですが、この映画はシリアスです。

9.11絡みの映画。

大学時代の親友と久し振りに再会した時。
片方は、家族に囲まれ仕事に恵まれながらも、そんな生活に息苦しさを感じている歯科医。
片方は、9.11で家族を全て失って、心が壊れてしまっていた。大学時代の事など何も思い出せないほどに。

他人と関わることをやめてしまっている。
まるで子供に戻ってしまったかのように、家でゲームばかりしている。
(販売促進映画かと思うほど、【ワンダと巨像】に夢中になっているよ。)
家族を失った代償、遺族への保障金で一生働かなくても食べていけるだけの経済力がある。
失くしたものが大き過ぎて、哀しみが深過ぎて、思い出せない。家族がいた事も忘れてしまい、思い出さない男。

そんな、かつての友人に再会したら。…なにができるだろう?


痛みも、哀しみも、喪失感も、絶望も。誰も肩代わりは出来ない。
傷付いたままの友人と、どう接して生きていけるだろう?


再会の街で再会の街で
(2008/06/25)
ドン・チードルアダム・サンドラー

商品詳細を見る


それにしても。
俳優アダム・サンドラーに惚れ直す映画ですよ!
[ 2008/07/03 22:40 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

【ニコニコ動画】Sailing to the World - 光田康典



[ 2008/07/03 00:00 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記

友達が借りてきたので、便乗して観ました。

ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 2-Disc・コレクターズ・エディションナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記
(2008/06/04)
ニコラス・ケイジヘレン・ミレン

商品詳細を見る


2って、1が面白かったから観るのだけど。1が面白かった分だけ、期待が膨らむ分だけ、がっかりな作品になってないか?不安に感じながらも観るのだけど。

しっかり面白かったです!

実在の人名やら歴史やらと絡めつつ、いかにも胡散臭い眉唾物の話がてんこ盛り♪

若い登場人物が全然出てこないのだけど、主人公からしておっさんで全体的に主要人物の年齢が高いのだけど、その両親であるところの熟年な男女のやり取りや、悪党らしくはない敵(というか、ライバルという雰囲気?)とか、大統領のおちゃめっぷりやら~…みんな妙に可愛いです。

2時間かな?全然飽きない。会話のテンポがいいのだなぁ。間の取り方とか、絶妙で。不覚にも熟年萌え(?)してしまう映画でした。


いかにも、これは次回作への伏線か?という場面があるので、3も出るんだろうなぁと楽しみにしてしまいます。

[ 2008/07/01 22:08 ] 映画 | TB(1) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。