スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

公開すればよかった(BlogPet)

きょう、公開すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
スポンサーサイト
[ 2007/11/30 08:22 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

たまには雑談風に

高いし(¥1,680)買う気があったかというと微妙なのだけど…。
とりあえず、本屋さんで現物を見てから考えようと思っていたC★NOVELS創刊25周年アンソロジーなんですが……………本屋で現物を見かけないですよ!
C★N25―C★NOVELS創刊25周年アンソロジー (C・Novels 97-1)C★N25―C★NOVELS創刊25周年アンソロジー (C・Novels 97-1)
(2007/11)
荒巻 義雄

商品詳細を見る


試しに店員さんに尋ねてみたお店では
「2冊入荷したんですけど…」※売り切れでした。

というか、2冊しか入荷しないって、
書店さん、さほど売れるとは思ってなかったという事でしょうか?
茅田砂胡さんの新刊は二箇所で平積みしてるのに。(こちらは購入)
夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)夜の展覧会 (C・NovelsFantasia か 1-47 クラッシュ・ブレイズ)
(2007/11)
茅田 砂胡

商品詳細を見る



…とりあえず。C★N25
森博嗣さんと、茅田砂胡さんの短編が気になっています。
(友人一押しの多崎礼さんも気になってます)

イラストでは。
沖麻実也さんと、皇なつきさんと、吟鳥子さんの名前もあって気になります。



………amazonで注文?(あれ?定価より高い?)
いや、まずは現物を見てみたいです。ずしりと重く、角で人を殴り殺せそうな厚さらしい現物を見て、気が済むか?買う気になるか?見てみないと何ともいえない。


[ 2007/11/29 00:00 ] 小説 | TB(0) | CM(6)

返却(BlogPet)

きょう由希と、演劇集団キャラメルボックスは返却したかったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2007/11/22 09:01 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

パトラッシュ・・僕もう疲れたよ・・。


同じ方のリストから。(こちらも好き)

[ 2007/11/22 06:44 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

演劇集団キャラメルボックスは好きですか?

私は好きです。(観に行きたいなぁ…)


[ 2007/11/18 08:35 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

ダーウィン・アワード


人間は進化しているのか?退化しているのか? (ふと疑問に思う瞬間があるものですね)

ダーウィン・アワードという映画がもうじき公開されます。
…気になっています。公式サイトで、映画の予告ムービーが観れるのですが、最初に観た時は何だか ぽか~ん (・□・)としてしまった。

最も愚かな方法で死んだ人に対し、バカな遺伝子を減らしたことへの感謝の気持ちから贈られる実在の賞“ダーウィン賞”

すごい皮肉とユーモアですね!

進化して、猿より賢くなったはずの人間が、とんでもないバカな死に方をする。

この映画のCMとして、一般からバカ動画を募集したそうなんですが。
その動画もまたなかなかのバカっぷりです。
 ↓バカ動画CMダイジェスト


…何故でしょう?バカって、観てて微笑ましかったり、楽しそうだったりもします。
人がやらないことをやってのける辺りに、不思議な憧れの気持ちさえ湧きます。

バカだけど、大真面目に一生懸命なところが、人間くさくて好きかもしれない。
(ダイジェスト版ではない愛すべきバカ動画CM受賞作は公式サイトでも発表されています)


…それにしても。どんなに笑えるバカでも、それで死んでしまえばシャレにならない。
微笑ましいでは済ませられないと思うのだけど…それを、華々しくも賞にして、さらには映画にまでしてしまうって、…スゴイなぁ。(遺族はどんな思いだろうか…)


バカな死に様とブラックユーモアな賞を扱う映画が、単純にギャグ映画であるとも思えないのですが、どんな風なのか?出演者は大真面目なのか?どんなストーリーに仕上がっているのか?気になってしまう。清々しいまでにバカバカしく。ゲラゲラと笑える娯楽映画である事を願いますけど。

出演している女優さんに、なんだか見覚えがあると思ったら。スキャナー・ダークリーに出てた方(ウィノナ・ライダー)なんですね。ダーウィン・アワード公式サイトで、ブログパーツ「ウィノナ・ライダー エログパーツ」近日公開とあるんですが………それも気になる。(いったいどんなブログパーツが!?)(笑)

[ 2007/11/16 14:52 ] 映画 | TB(4) | CM(0)

返却(BlogPet)

由希は、返却するはずだったの。
でも、由希は、購入しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2007/11/15 07:58 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

トライガンマキシマム 13

トライガンマキシマムの最新刊、13巻を購入しました。

たまたまつけていたテレビでアニメのOPを観て、心臓を撃ち抜かれたのが…もう9年前?
アニメから入って原作マンガに走った、あの頃を懐かしみます。

アニメとは違う展開を見せていた原作も、ついに連載終了。
昔、作者が10巻くらいで終わるとか話していたような気がするのだけど、13巻かぁ…

ところで、私、てっきり今回の13巻が最終巻だと思い込んでいたので。読み進めて、14巻に続く事に驚きました。(連載終了後の発行を、そのまま最終巻だと勘違いしていた)

アニメにはいなかった存在、リヴィオ(+ラズロ)とエレンディラの対決には決着がつき。主人公ヴァッシュにとって、信念を力任せに捻じ曲げられるであろうレガートとの戦いの結果は、続きを待て。

あと、残すところ1冊。14巻の発行はいつになるやらですが、楽しみです。そして、原作が本当に終わってしまう事が寂しくも感じるのだろうなと思います。(再アニメ化の予定があるそうですが、それはそれで楽しみでもありますが…)


amazonに13巻の画像がまだなかったので、悔し紛れにスライドショーウィジェットを初めて作成してみましたよ! (笑)

トライガン以上に、牧師が登場してからのトライガンマキシマムが大好きです♪
[ 2007/11/12 17:18 ] 漫画 | TB(0) | CM(2)

リバーダンスは好きですか?

私は好きです。

[ 2007/11/10 10:13 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

最近、ニコニコし始めた友人に見せたい動画

つまり、オススメ動画なわけです。

素晴らしすぎるフィギュアスケートの世界。
ニコニコ動画には、本当に色んな動画がありますね♪

[ 2007/11/08 22:00 ] 動画 | TB(0) | CM(2)

雪(BlogPet)

雪が由希は由希は一緒とか返却♪

*このエントリは、ブログペットの「」が書きました。
[ 2007/11/07 09:12 ] BlogPet | TB(0) | CM(0)

しんみり・切ない系良曲BGM集

しんみりというほど、しんみりではなく。切ないというほど切なくもないのですが。
かなり好きな感じの選曲でした。(知らない曲が多かったけれど、聴いていて心地良い)
ICOはやはりいいですねぇ…


ニコニコ動画の「作業用BGM」タグ。好きでよく漁ります。
気に入るとCDレンタルに走るのだけど、レンタルにない曲なんかもあるんですよね…。


[ 2007/11/06 06:34 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

民族音楽風味の女性ボーカル曲好き、再び集まれ!

第一弾も素敵でいたが、第二弾も素敵です。(かなり好み)


[ 2007/11/06 06:32 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

ヘアスプレー

10月末、水曜、レディースディ(1000円)の日に、観に行きました。「ヘアスプレー
ジョン・トラボルタが見たいが為に!(好奇心)

ヘアスプレー - goo 映画 (公開中の映画なので、goo映画のページを紹介用に貼っておきます)

私の場合。映画を観る前に、インターネットで得た情報で、トラボルタが主人公の母親役(女装)で出演していると知っていたからこそ、興味が湧いて観るに至ったわけですが。知らずに観たら、後から気付くなら、それはそれで。かなりの驚きに満ちた面白さなのではないかな?と思います。

BIGサイズの夢見る女の子トレーシーが主人公(その母親の、やはりBIGな女性を演じるのがトラボルタ

最初のうちは、トレーシーが妄想癖の激しい痛い子に見えて仕方なかったとか白状します。(しかし、ミュージカル映画って主人公の妄想部分=歌って踊るなパターンが多いかも?)それを乗り越えれば、後はもうテンポのよいストーリーに愉しく嵌る事が出来るはず。

とりあえず、主人公と母親が可愛い文庫本の画像を貼っておく
ヘアスプレーヘアスプレー
(2007/10/17)
トーマス・ミーハン、マーク・オドネル 他

商品詳細を見る


ヘアスプレー企業が贈る、ボルチモアで最高にホットなTV番組「コーニー・コリンズ・ショー」出演を夢見る16歳。トレーシーが、とにかく元気で明るくて前向きで可愛い良い子です。

トレーシーを軸として描かれる物語は、人種差別やコンプレックスや色々と重いテーマを盛り込みながらも、人より太っている事や人と違う事を「素敵な個性」と言い切ってしまう潔さとカッコよさがあります。

テンポがいい、歌声が気持ちいい、ノリがいい、ダンスが観ていてワクワクする。
素敵に楽しいミュージカル映画でした。DVDになったらもう一度観たいです。(特殊メイクの特典映像とかメイキングがあるといいなぁ)それにしても、ダンスシーンのトラボルタさんのおみ足の美しさに感動しました。ミニスカートがはけない(自分の足の太さが気になる)女性として、ちょっとクヤシイような羨ましいような複雑な気分です。(笑)

ところで。現代の、「痩せている女性の方が綺麗」「スリムな方が魅力的」という風潮は、オードリー・ヘプバーンの映画以降の事だと聞いた事があるのですが。
この映画「ヘアスプレー」以降、「太ってる子が可愛い」「ぷにぷにしてるのが魅力的」な流れになったら面白いのになぁ~なんて、少し思ったのでした♪
[ 2007/11/04 22:04 ] 映画 | TB(1) | CM(1)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。